審査タイミング 審査 住宅ローンを知る

【タイミングはいつ?】住宅ローンの事前審査を早めにやった方がいい理由

2022年2月17日

はじめて物件の内覧をしたあとに、不動産会社の営業マンからいきなり住宅ローンの審査をおすすめされて驚く方も多いと思います。

個人情報を記入しなきゃいけないし買う前になってからでいいかな。

物件が決まっていないのに審査するのはあんまりな。

こんな風に感じる方もいらっしゃると思います。

でも、実は営業マンの言っていることは半分以上本当です。

はじめ
元不動産営業の立場としても、すまい探しの序盤に住宅ローンの審査をしておくことをおすすめします。

この記事では、住宅ローンの事前審査を早めにやった方がいい理由の紹介とあわせて注意点もお伝えします!

 

 

住宅ローンの事前審査を早めにやった方がいい理由

そもそも住宅ローンが組めるかわかる

当たり前ですが、住宅ローンを組めるのかがわかります。

もし、物件探しの最終段階で住宅ローンの事前審査に落ちてしまったら、今までの住まい探しの時間も無駄になってしまいます。

住まい探しの序盤で住宅ローンの事前審査をしておくことで、安心して住まい探しをすることができます。

もし、審査が難航するようなら審査が通らなかった理由をもとに対策を立てることも可能ですし、住まい探しの時期をあらためたり、住まい探しの段取りもしやすくなります。

住宅ローンの審査では、物件の審査もあわせて行いますので、物件が決まっていない場合は希望条件の近い物件で審査を出しておきましょう。

【住宅ローンの審査基準はなに?】銀行が確認している9つのポイントを紹介!

続きを見る

 

予算を立てやすい

住まい探しを始めたものの、自分がどのくらい住宅ローンを借りられるのかを知らない方も多いと思います。

しかし、自分がどのくらいまで住宅ローンを借りられるのかを知らずに、すまい探しを始めるのは、財布の中身を確認せずにお買い物に行くのと同じです。

SUUMOなどのサイトには年収から簡単に借入可能額を算出できるツールもありますが、あくまで目安の金額になっています。

住宅ローンの審査は年収だけでなく、年齢・勤め先・勤続年数・個人信用情報など総合的に審査をするので、意外に厳しい結果になることもあります。

住宅ローンの事前審査をすることで、正確な予算を知ることができるので、予算にあわせたにすまい探しができます。

「無理なく返済できる住宅ローンの目安は?」借入金額を検討するときのポイント

続きを見る

 

本命の物件を買いやすい

これが一番大きな理由になります。

通常、気に入った物件が見つかったら、このような流れで売買契約まで進みます。

  1. 買主から購入申込をする
  2. 買主から購入申込をする
  3. 売主が承諾する
  4. 売買契約

一般的に①~③までには1週間~2週間ほどかかります。

注意したいのは、①購入申込みをしたからといって、物件を購入できると決定したわけではないということです。

最終的に誰に売るかを決めるのは売主側になりますので、売主にとってより良い条件の買主が現れたら、そちらに売却することもあります。

ここで大事になってくるのが、住宅ローンの事前審査が既に終わっているかになります。

通常、売買契約を締結するまでには住宅ローンの事前審査に通っている必要性があります。

購入申込をしてから住宅ローンの事前審査を始めているのでは、既に審査済の買主と競合した際に横取りされてしまいます。

あらかじめ事前審査が終了していれば、速やかに売買契約をすることができるので他の人に横取りされる確率は低くなります。

今は不動産の需要が高く、人気の物件はすぐに売り切れてしまうので、スピード勝負になっています。

せっかく見つけた物件を横取りされないためにも、早めに事前審査をしておきましょう。

また、不動産営業マンからしても、事前審査が通っているお客様には積極的に物件を紹介します。

審査が通るかわからない人に力を入れるよりも、既に住宅ローンが借りられる人を優先した方が成約になりやすいからです。

 

とりあえず事前審査の注意点

物件が決まっていない、すまい探しを始めたばかりでも、住宅ローンの事前審査をしておくメリットはたくさんあります。

しいて、デメリットをあげるとしたら手間暇くらいだと思います。

しかし、とりあえず事前審査をするときに注意したいこともありますので、いくつか紹介します。

 

信用できない不動産会社で審査をしない

住宅ローンの事前審査をするには、不動産会社に相談することが多いと思います。

では、たまたま内覧した不動産会社で審査してもいいかと言うと、あまりおすすめはしません

事前審査は不動産の営業マンが、あなたを囲い込むためのテクニックでもあるからです。

事前審査をすることによって次回アポが取れたり、その流れで物件を内覧したり、審査までしてもらったから断りにくいなど、営業マンにとってもお客様を囲い込みやすくなります。

自分で直接銀行に相談することも可能ですが、物件の資料を揃えたりなど手間がかなりかかります。

信頼できそうな不動産会社が見つかったら審査をしてみるか、話が進みそうなメーカーで相談するのがベストです。

 

通りそうな銀行に絞って申し込む

事前審査は何回でも、いくつの銀行に申し込むことが可能です。

ただ、知っている銀行に片っ端から事前審査をすることはおすすめしません。

審査の度に個人信用情報を取得されるので、銀行によってはマイナス評価になることがあるからです。

事前審査をするときは、①通る確率が高そうな銀行②通るかわからないけど条件のいい銀行に絞って申込みましょう。

事前審査をする目的は、あくまで住宅ローンが組めるかの確認と、予算を見積もるためです。

だいたい3つから多くても5つの銀行に絞ることをおすすめします。

 

予算を高めに審査は出しておく

物件がまだ決まっていない状態で事前審査をするときは、予算より少し高めの物件で審査を出しておきましょう

たとえば、希望の物件価格が4000万円なら4400万円(予算の1割以内目安)の物件で審査してみるということです。

4400万円まで審査が通っていれば、最終的に4000万円の物件を購入するときでもほぼ審査は通ります。

しかし、4000万円の審査結果で、最終的に4400万円の物件に予算アップするなら、再度審査が必要になってきます。

物件価格以外にも、新築物件で審査をしていたけど、中古物件を購入する場合にも、再度審査が必要になります。

新築と中古では担保評価が異なるためです。

ある程度条件の近しい物件で予算は高めに審査はしておきましょう

 

ネット銀行の事前審査は安心できない

ネット銀行は金利が低く、融資を希望される方も多いです。

多くのネット銀行ではネット上で事前審査ができます。

しかし、このような事前審査は精度が低く、通ったからといって安心はできません

本来、事前審査では多くの資料を提出します。

たとえば、身分証や収入資料、物件資料などです。

銀行は提出された書類をもとに、融資基準を満たしているのかを審査しています。

しかし、ネット銀行など一部の銀行の事前審査では、こういった資料の提出不要で自己申告でのみで審査しています。

実際に借りようとして、資料を提出したら否決になってしまったなんてこともあります。

不動産会社でも、ネット銀行で事前審査が通っているだけでは契約させてくれないところも多いです。

 

まとめ:住宅ローン比較サービスを利用してみるのもおすすめ

住宅ローンの事前審査を早めにやった方がいい理由と注意点をご紹介しました。

資料を集める手間暇はあるものの、早めに事前審査を済ましておくとすまい探しを有利に進められます。

住宅ローンの事前審査をしてみたいなら、不動産会社に手伝ってもらうか、自分で銀行に相談するかのどちらかが多いと思います。

手間暇を考えたら不動産会社に相談するのがおすすめですが、信用できる会社や営業マンではないのであれば自分で動いてみるのもいいかと思います。

・不動産会社に手伝ってもらう

メリット

・不動産会社が事務手続きを代行してくれる

・おすすめの銀行を絞ってくれる

・提携ローンが利用できることもある

デメリット

・信用できる会社・営業に出会えるかは運

・営業のペースに乗せられるかもしれない

・最適な住宅ローンを紹介してくれるとは限らない

・自分で銀行に相談する

メリット

・自分にあった住宅ローンを探せる

・自分のペースで相談ができる

デメリット

・申込書を取り寄せたり、資料を用意する手間がかかる

・銀行の絞り込みが大変

 

最近では、ネットで完結する住宅ローン比較サービスも充実しているので、住宅ローンの入り口として利用してみるのもおすすめです。

こんな方は特におすすめです。

・すまい探しを始めたばかり

・自分でも情報収集をしたい

・いきなり不動産会社に住宅ローンの相談はしにくい

いろんなサービスがありますが、中でもおすすめは「モゲチェック」というサービスです。

 

モゲチェック

・完全無料の「オンライン住宅ローンサービス」

・あなたが借りられるもっとも低い金利で借入ができる

・住宅ローンの専門家による無料サポート

・サービス登録者数10万名突破、住宅ローンサービス評価で三冠達成

モゲチェックに申し込む

【2022年最新】モゲチェックの評判は?怪しい?|有料サービスなのになぜ無料?

続きを見る

理想のすまいを見つけるためには、住宅ローンも含めた事前の準備が大切です。

使えるものはとことん利用して、有利にすまい探しをしていきましょう。

参考【住宅ローンの審査基準はなに?】銀行が確認している9つのポイントを紹介!

続きを見る

元不動産営業が紹介!住宅購入するときのおすすめ無料サイト17選

続きを見る

【住宅ローンが選べない方必見】銀行選びの前に4つのポイントを決めよう|初心者向け

続きを見る



にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

はじめ

住宅ローンの考え方や知識を発信/不動産営業経験、銀行で住宅ローンを扱っています/不動産会社も銀行も住宅ローンの正しい組み方は教えてくれません!/マイホームをこれから検討する方、既に購入した方にも役立つ情報をお伝えします

-審査タイミング, 審査, 住宅ローンを知る

© 2022 住宅ローンのわからないを解決する Powered by AFFINGER5