住宅ローン基礎知識

【約4割が選択!?】住宅ローンのボーナス払いはやめた方がいい!?

2021年5月16日

質問

住宅ローンの検討をしていますが、毎月の返済額を抑えたいです。

ボーナス払いはありでしょうか?

住宅ローンの返済には、毎月返済と併せてボーナス払いを併用することができます。

ボーナス払いを利用することで毎月の返済額を少なくできるので、利用を検討する方も多いです。

調査によると、住宅ローン返済中の方のうち37.7%(約4割)がボーナス払いを利用しています

引用「新型コロナウイルスによる、住宅ローンボーナス返済への影響」

 

ただ、個人的にはボーナス払いはおすすめしません

メリットよりもデメリットの方が多いので、あえてボーナス払いを利用しなくてもいいからです。

この記事ではボーナス払いによるメリット・デメリット、注意点を解説します。

ボーナス払いの利用を検討している方は、リスクもしっかり把握した上で選択しましょう。

元不動産営業が紹介!住宅購入するときのおすすめ無料サイト17選

続きを見る



ボーナス払いとは?

住宅ローンの返済には、「毎月払い」と「ボーナス払い」(ボーナス併用払い)があります。

「ボーナス払い」は、毎月返済に加えて年2回増額して返済していく方法です。

利用する際は、住宅ローンの正式審査もしくは契約時に、借入額のどのくらいをボーナス払いにするかを決められます。

借入額4000万円のうち、

毎月返済分:3000万円

ボーナス返済分:1000万円

ボーナス払いに充てられる割合については、金融機関によって異なります。

一般的には、借入額の40~50%以内が上限になることが多いです。

ボーナス払いのメリット・デメリット

メリット 月々の返済額を抑えられる

ボーナス払いを利用すると、月々の返済以外にボーナスが出た月には追加で返済をしていきます。

なので、同じ条件でもボーナス払いを利用することで、毎月返済分の割合を下げることができるため、月々の返済額が抑えられます。

実際にどのくらい返済額が変わるのかをシミュレーションしてみましょう。

【借入条件】
借入金額:4000 万円
返済期間:35 年
金利:年率0.5%
返済方法:元利均等返済

上記のように、ボーナス払いを利用するだけで月々払いの負担はかなり減ります。

 

デメリット 総利息額が増える

先ほどのシミュレーションで確認してみても、ボーナス返済を利用した方が約1万円ほど総返済額が多くなります。

このように微妙な差ですが、ボーナス払いの方が総利息額が増えているのがわかります。

ボーナス払いは、月々の返済負担を下げる代わりに年に2回しか元金が減りません。

なので、元金の減りが遅くその分の利息も増えるということです。

引用:SUUMOジャーナル(https://suumo.jp/journal/2015/08/17/95538/

 

ボーナス払いの注意点

ボーナスありきの返済計画は立てない

住宅ローンの検討時は、現在のボーナス額をふまえてボーナス払いを検討するかと思います。

しかし、今後もボーナスが支給される保証はありますか?減額する可能性はないですか?転職する可能性はないですか?

住宅ローンは35年と長期で返済をしていくローンなので、その間になにが起こるかわかりません。

調査によると、コロナの影響によるボーナスカットをきっかけに、借換などを検討している方も増えたというデータがあります。

なにかしらの理由でボーナスがカットされたときに、住宅ローンが支払えなくなることは避けたいですね。

引用「新型コロナウイルスによる、住宅ローンボーナス返済への影響」

 

住宅ローンを借りすぎる

購入したい物件だと月々の返済額が多く、月々の返済負担を軽くするためにボーナス払いを利用する方もいらっしゃいます。

ただ、ボーナス払いがないと成立しない資金計画は危険です。

住宅ローンを借りすぎている可能性が高いです。

ボーナス払いを利用する目的が、もっと借りたい(借入金額を増やしたい)という考えでしたら返済できないリスクを再度検討しましょう。

 

繰上返済も検討する

ボーナス払いの検討が「早く返済したい」「まとまったお金を貯蓄しているのはもったいない」という理由なら、繰上返済を検討してみてはいかがでしょうか。

多くの金融機関では、ネット上からの手続きであれば繰上返済の手数料がかかりません

ボーナス払いをしているつもりで、半年ごとに繰上返済をしていくとこのような結果になります。

【借入条件】
借入金額:4000 万円(ボーナス返済分1000万円)
返済期間:35 年
金利:年率0.5%
返済方法:元利均等返済

このように利息も踏まえた総返済額は繰上返済の方がお得になります。

また、急な出費が発生したり、ボーナスが減ったりなどしたときは、無理に繰上返済をする必要はありません

ボーナス払いよりも繰上返済の方が、家計の状況に応じて柔軟に対応ができます。

 

ボーナス依存家計にならない

ボーナス依存度が高い家計になると、なかなか貯蓄ができず、ボーナスが減っただけで住宅ローンが支払えなくなったり、生活費が赤字に転じたりします。

ボーナス払いで月々の返済負担を下げることができても、年間返済額は下がりません。

それであれば、月々の返済負担を上げた方が家計管理がしやすいのかと思います。

ボーナス払いで月々の返済額が減った分、他の支出が増えるということが想定されるからです。

目指すべきは「月の収入でやりくりできる家計」です。

住宅ローンでもボーナスありきの家計管理はなるべくしないようにしたいですね。

 

まとめ ボーナスに頼らない資金計画を立てよう

住宅ローンにおけるボーナス払いについて解説しました。

住宅ローンを利用している方の約4割がボーナス払いを利用していますが、基本的にはボーナス払いを利用しないことをおすすめします。

たしかにボーナス払いを利用することで月々の返済額を抑えられますが、それ以上に返済できなくリスクの方が大きくなります。

あえてメリットの少ないボーナス払いを利用するのではなく、繰上返済を検討した方がメリットが大きいです。

また、ボーナス払いありきでないと成り立たない資金計画の場合は、住宅ローンを組みすぎている可能性が高いです。

コロナの影響によりボーナス払いについて何かしら対応を考えている方も増えたという調査結果があります。

住宅ローンは最長35年と長期に渡って返済をしていくローンなので、何が起きたとしても対応ができるように多少のゆとりを持つ必要はあります。

理想はボーナスに頼らない返済計画を立てましょう

 

どこで住宅ローンを借りるのかを検討するときに、おすすめのサービスは「モゲチェック」です。

モゲチェック

・完全無料の「オンライン住宅ローンサービス」

・あなたが借りられるもっとも低い金利で借入ができる

・住宅ローンの専門家による無料サポート

・サービス登録者数30,000名突破、住宅ローンサービス評価で三冠達成

【住宅ローンの決め方】銀行選びの前に4つのポイントを決めよう

続きを見る



  • この記事を書いた人

はじめ

住宅ローンの考え方や知識を発信📖/不動産営業経験、銀行で住宅ローンを扱っています👨‍💼/不動産会社も銀行も住宅ローンの正しい組み方は教えてくれません!/マイホームをこれから検討する方、既に購入した方にも役立つ情報をお伝えします🙋‍♂️

-住宅ローン基礎知識

© 2021 はじめのブログ Powered by AFFINGER5